集合住宅の雨漏り修理は、原因を見極める事が重要

img1-1

雨漏り修理は、ただ闇雲に修理するので無く、まず、雨漏り箇所を特定する事が重要です。

例えば、戸建の雨漏りを発見した場合、雨が降っている状況であるなら、容易にその原因の特定も簡単です。しかし、雨が止んで時間が経過した場合であれば、戸建てであっても、その原因の特定は難しくなる事があります。
つまり、被害範囲が広かったり、その雨漏りの期間が長ければ、その痕跡を見つける事も容易なのですが、ごく最近の雨漏り発生の場合、乾いてしまえば天井裏などを覗いても場所の特定は難しくなります。
更にこれが、集合住宅になると、その原因の特定は格段に難しくなり、専門的な知識や経験が必要になります。



この調査を確実に行わず雨漏り修理に掛かると、最悪、何度も雨漏り修理をする事になり、結果的に、工事会社は再修理と言う経済的な負担、住人は精神的負担を負う事になってしまいます。
では、その調査方法を見てみましょう。


まず目視が、その規模に関わらず重要です。


何故なら、調査に掛かる時間が短く、費用は安く、どの調査会社も最初に行う手法です。

次が、散水方法と言う手法です。
これは、雨漏りをしていると思われる箇所に散水し、雨水の通り道を探る方法です。
これも最終的には目視によって確認するのですが、目視のみに比べれば確実な方法です。



しかし、住宅が水に濡れる為、住人の同意なども必要となる上、費用も目視のみに比べ高額となってしまいます。

人気のコトバンクに関する情報をまとめました。

そして最後は、非接触・非破壊・リアルタイムで建物の温度変化を計測する赤外線サーモグラフィ調査です。

これにより、目では見えない建物内部の雨漏りのメカニズムを見えてしまおうと言う、最新の方法です。


この手法には、特殊機材の使用と、高い専門技術、経験が必要であり、結果的に高額な調査費用となります。


読めば解る

img2-1

現在住んでいるアパートやマンション、あるいは一軒家などの建物は、新築されてからある程度の年月が経つと、どうしても様々な箇所に老朽化による不具合や劣化が起こるようになってきます。こうした劣化は定期的なメンテナンスを行なうことで、ある程度は進行を遅らせることもできますが、それでも完全に劣化を防ぐことは不可能です。...

more

身に付けたい知識

img3-1

新築した時にはピカピカの家も、長く住み続けていると、経年による劣化がいたるところに発生してきます。こうした家の傷みやトラブルは、そのままにしておくと見苦しいだけでなく、家を使う上で大きな支障をきたすことにもつながります。...

more

基礎知識

img4-1

築年数の古い家に住んでいると、どうしても様々な箇所に発生する経年劣化に気を付けなければなりません。経年劣化はいたるところに現れてくるものですが、特に屋根や外構部分といった、外気に晒されているところには注意しなければなりません。...

more

わかりやすい情報

img5-1

一見頑丈に見える家やマンション、アパートなどの建物も、建てられてから長い月日が経過していると、あちこちに不具合や破損などが生じるようになります。これらは経年による劣化で、建材自体が古くなることで、傷みが発生し、そこから様々なトラブルを引き起こしてしまいます。...

more
top